事務机一つで仕事環境が変わる|オフィスデザインで業務を効率化

仕事環境を整えることから

デスク

事業を始める際にオフィスを構える人もいると思いますが、その時にはできるだけその内装にもこだわりたいところです。取引先の企業と何か話をする機会があるのであればオフィスの雰囲気でその商談の成否が決まってしまうこともありますし、そうでない場合でもオフィスの雰囲気がそのまま従業員の士気に大きく影響します。オフィス家具にはいろいろなジャンルがありますがそのなかでも特に使用頻度が高いのが事務机です。オフィスチェアと並んでまず使わない日はないと言っても過言ではありません。それだけにどんな事務机を選ぶかによって仕事の能率は大幅に変わってきます。何をそこまでと思うかもしれませんが毎日のそうしたちょっとした積み重ねが、数か月後あるいは数年後の実績という形でまず間違いなく現れてきます。したがって、長期的なビジョンを持ちながら事務机を選ぶことが大切です。

事務机の選び方は仕事における作業内容によって変わってきます。たとえば、図面などの大きな紙類を広げる機会が多い場合にはできるだけ奥行きが長い事務机を選ぶべきでしょう。図面をぎりぎり広げられるスペースの机と図面を広げた上でまだまだスペースに余裕がある机とでは明らかに後者の方が効率よく仕事を進めていけます。また、取り扱う紙類がたくさんある場合には収納スペースがたくさんあるタイプの事務机がオススメです。事務机と言うと右あるいは左の片方だけに収納スペースが付いているのが一般的ですが、なかには両サイドに収納用の引き出しが付いている事務机をあります。収納能力が抜群に高い事務机を使用することで必要な紙類をその都度保管場所まで取りに行く必要がなくなるわけですから、より時間を効率よく使えるようになることは言うまでもありません。